ブログ

腰痛持ちだけど大丈夫ですか?!への回答

腰痛持ちなんですが、パーソナルトレーニング受けられますか!?

皆さんこんにちは!ネクストジムトレーナーの永田です!(^^♪

今回のブログはお客様からの体験コースのお問い合わせの際に最も多いこちらの質問にお答えさせて頂きたいと思います!

まず結論から言いますと、答えは

はい!もちろん受けて頂けます!むしろ是非トレーニングをして下さい!!!

です(^^)/

腰痛は日本人が訴える痛みの中で最も多い症状です。

高齢者が抱えているようなイメージがありますが、最近では小学生でも腰の痛みを訴えるケースもあるのです。

それほど多い腰痛持ちの方、、、

ある日突然腰に激痛に、、、

治ったと思ったらぶり返す痛み、、、

まずはなぜ腰痛が起こるのかを考えましょう。

腰痛にもたくさんの種類、原因がありますが、腰痛を訴えて、整形外科を受診して、レントゲンやMRIで画像検査をしても、その原因を特定できる人はわずか15%しかいないのです。

残りの85%の人は、なぜ、腰痛が起こっているのか特定できないのが現状であり、

レントゲンには主に骨しか写らないことから、痛みの原因となる筋肉や軟骨、神経などの組織は見えにくく、骨に異常がなければ、腰痛の原因を判断することは難しくなります。

MRIであっても筋肉や軟骨なども映し出しますが、痛みのある場所を特定するまでには至りません。

しかしながら、約15%の方は原因が分かります。

代表例が、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症ですが、がんや細菌の感染、外傷、臓器や血管の病気などでも、腰痛を引き起こすことがあります。

これらの原因が分かっていれば病院で治療してもらうことが一番ですが、

そもそも、腰痛は筋肉や筋膜、靭帯、関節などの神経が分布されているところに、何らかの炎症が起きることで生じるので

原因が分からない場合、私生活に原因があるケースが多いのです。

まずは「姿勢の悪さ」です。
特に、座っているときは姿勢が崩れやすく、長時間座ることで、腰へのインパクトも大きくなり、立っているときよりも、座っているときの方が、1.4倍も腰に負担がかかるというデータもあり注意が必要です。

次に同じ動作の繰り返し」です。

重い荷物を持ち上げるために、かがんだり立ったり、腰をひねったりと、同じ動作をくり返すことで、腰に負担がかかります。

長時間同じ姿勢を続けることも、筋肉がこり、関節の動きが悪くなり、それが続くとさらに腰痛は悪化します。

痛みがあるからといって、安静にするのではなく、逆に動くことで、筋肉や関節がゆるまり、正しい姿勢をとりやすくなります。

ん?、「安静にするのではなく、逆に動くことで、筋肉や関節がゆるまり、正しい姿勢をとりやすくなります」

そうです。痛いから休める。ということは必ずしも良いことばかりではないのです。

これは皆様の腰痛レベルのもよりますし、痛くても我慢して無理やり動かしましょう!!!と言っているのではありません。

ただ動かすことで腰痛が和らぐ、また治る、というケースも多いという事です。

痛みが出ないような姿勢、フォーム、をお客様一人ひとりのカラダの使い方、骨格、筋量に合わせてご提案することが

トレーナーの仕事でもあり、無理なく怪我無く生涯的に続けて頂ける環境、カラダ作りをさせて頂くことが大切だ

とネクストジム トレーナーの永田は常日頃思っております。

そのためネクストジムは日本人の骨格に合わせて作られている【鍛錬】という国内的にみても珍しいマシンを導入し

50歳を超えられているお客様も多数在籍して頂いておりますが、怪我無くトレーニングして頂ける環境が整っております。

まずは体験トレーニングコース(90分 カウンセリング・体験トレーニング 5500円税込み)もご用意しておりますので

お気軽にご連絡いただきたいと思います。

お問い合わせは

☎09042951014(トレーナー 永田)

もしくはネクストジムホームページ お問い合わせフォームよりご連絡下さい(^^)/

それではまた次回のブログでお会いしましょう☺

 

RECOMMEND

-ブログ

© 2021 京都パーソナルトレーニング【ネクストジム】